【IJ CAD】AutoCADの互換ソフトの決定版!! 値段・機能比較

スポンサーリンク

2016年より、AutoCADは全ての製品をサブスクリプション化した。

私を含め、これに困惑した人は多かったと思う。

私は毎日のようにAutoCAD LTで図面を描いており、2016年より強制実施されたサブスクでも良かったのですが、根が貧乏性なのでサブスクには抵抗があったのです😅

仕事がないのにソフト代を払い続ける・・・。

この恐怖から抜け出したかったのです(笑)

あと複数のパソコンを所有していて、普段使いのデスクトップパソコンと外出先で使用するノートパソコンなどに全てのパソコンにCADを入れたい・・・。

たま~にしか使わいないとなると、尚更考えますね💧

毎日ゴリゴリに使う私でさえ困惑しました!

最近は大手企業も互換CADを多く採用しており、採用のハードルは下がってきてると感じてます。

この記事で、互換CADに対するネガティブなイメージを払拭できればと思っています♪

私が使っているCADソフトたち
スポンサーリンク

互換CADとは

ここでいう互換CADってのは、「AutoCAD」の互換ソフトであり、グレードは「LT」で話を進めます。

業界では『DWG互換CADソフトウェア』といわれてます。

互換CADとは画面の見た目を始め、操作方法など含め本家とソックリになってます。

その魅力はズバリ、価格永久ライセンス!!

そして肝心なのが「.DWG」のファイルを扱え、本家のAutoCADでも開けて編集できる。

Microsoft Officeでもそうですよね。フリーソフトを始め、いろんな互換ソフトがあります

また、違和感無く使えるのと操作方法などを新しく覚える必要が無いのも重要

今回オススメする IJ CAD は独自の便利機能とか追加されており、必要な方はその機能についての習得が必要になると思いますが苦になる事は無いと思ってます。

これ、IJ CAD STD 2020 のUIとオプション画面のスクショですが、どうですか??

違和感無くないですか??

IJ CAD オリジナルのタブがありますが、無視して大丈夫です!

AutoCADのオプション画面の詳細についてはコチラの記事をどうぞ

スポンサーリンク

DWG互換CADの種類と価格

色んな種類がありますが、ザックリ紹介します。

IJ CAD

今回オススメする互換CADです。

公式サイトはこちら

AutoCAD(オートキャド)と高い互換性のCAD IJCAD
IJCADは、AutoCAD(オートキャド)・AutoCAD LTと極めて高い互換性を持ち、価格は75,625円(税込)からと低価格な国内実績NO1互換CADです。国内納入88,000ライセンス以上の実績で、AutoCAD習得者ならトレーニング不要で直ぐに使えます。

私自身、実際に使っており、

・IJ CAD 2018 PRO

・IJ CAD 2018 STD

・IJ CAD 2020 STD – USBプロテクタ版

の3ライセンス所有しています。

IJCAD と AutoCAD の機能比較

機能IJCADAutoCADLTAutoCADLT
永久ライセンス
低機能なPCでの軽快動作
図面比較
JW CADの読み書き
開発言語の利用(LSP / ARX / .NET / VBA)
CALS(P21.sfc)ファイルの読み書き

IJ CAD は「LT」「STD」「PRO」の3つが用意されています。

種類によって使える機能が大きく違います。

また、ライセンス承認形式も「スタンドアロン」「USBドングル」「ネットワーク」の3種類があり、値段がそれぞれ違ってきます。

自身の使い方や用途・金額を考慮しながら決めて下さい。

価格比較
IJCAD 2020 LT スタンドアロン版  定価(税込) 75,625円
IJCAD 2020 LT USBプロテクタ版  定価(税込) 96,250円
IJCAD 2020 STD スタンドアロン版 定価(税込)103,125円
IJCAD 2020 STD USBプロテクタ版 定価(税込)123,750円
IJCAD 2020 PRO スタンドアロン 定価(税込)137,500円
IJCAD 2020 PRO USBプロテクタ版 定価(税込)165,000円
2021年5月現在

「LT」「STD「PRO」のパッケージの違い

IJCAD LT

2次元製図機能を搭載したパッケージ

安く済ませたい。余計な機能な不要な方はコチラをおすすめ。

IJCAD STD

2次元製図機能を搭載したパッケージ

PDF→CAD変換図面比較、VBA等でのカスタマイズが可能

私が IJ CAD を採用した大きな理由が図面比較

今はAutoCADでも標準装備されてます。

予算に少し余裕がある方は、コチラがおすすめ!

IJCAD PRO

ソリッド3Dモデリング2次元製図機能を搭載したパッケージ

STLデータ書出し、PDF→CAD変換、図面比較、ダイナミックブロック定義、レンダリング、VBA等でのカスタマイズが可能

コチラは、3Dの図面作図が可能

STLデータが書き出せるので、3Dプリンターを使用する方にもおすすめ!

正直、2018バージョンは表示が甘かったり作り込みのがイマイチのこともありました。

2020バージョンからは不満点が全て解消され、今はメインで使用しています。

ZWCAD

ZWCAD STD 2021 ソフトウェア認証版:定価(税込)92,840円

私の業界では、ZACAD の採用率が多かったです。

私も実際に使っていました。

IJ CAD と同じくAutoCADから移行しても、すぐに慣れると思います。

公式サイトはこちら

AutoCAD互換のコストパフォーマンスの高いCADソフトーZWCAD
AutoCAD互換でコストパフォーマンスの高い2次元CADのZWCADです。AutoCAD と同様の操作を無料のダウンロードでお試しください。AutoCADのDWGファイルを編集・変更でき、費用相談承ります。

使っていたのは2010年ぐらいのバージョンでした。

ソフトの挙動がおかしいなど…不具合は多かったですが、それは他の互換CADも同じでした。

現在は改良されていると思いますので、もう大丈夫と思います。

BricsCAD

BricsCAD V21 Lite スタンドアロン版:定価(税込)70,620円

今回紹介する中では一番安価。

すみません💦

使ったこと無いので説明は出来ませんが、画面を見る限りではAutoCADから乗り換えても他の互換CADと遜色なく移行できそうな感じですね♪

公式サイトはこちら

Bricsys
Bricsys website

スポンサーリンク

DWG互換CADを使ってみる

上の互換CADを紹介しているURLに「体験版」があり、ダウンロードして実際に無料で試すことが出来ます。

決めきれない方は、一度実際に使ってみることをオススメ♬

どの互換CADも同じですが、

必ずユーザー登録が必要

そして、登録したアドレスに何らかのメールが届きます。

無料で高価なソフトウェアを使わせて頂いておりますので、我慢して受信。目を通して下さいw

気に入った互換CADがありましたら、ダウンロードしたURLに購入案内があると思います。

そこで購入手続きを行うと、IDやライセンスキー・・・場合によってはUSBドングルが発行されます。

購入手続きが終われば、起動時などにIDやライセンスキーを入力することで制限なく使用することが出来ます。

体験版をアンイストールする必要はありません✨

AutoCAD LTの価格

AutoCAD LTの価格です

1ヶ月税込 8,200円
1年税込 68,200円
3年税込 183,700円
2021年5月現在

サブスクリプションの契約しか出来ません。

サブスクの良いとこは常に最新バージョンが使えるのが特徴。

新しい機能が常に増えても覚えるのが大変。

環境が変われば、順応するのも大変。

特に、学校などで使う場合は「学生は1年間無料」の恩恵にあやかって最新バージョンになると思います。

しかし、実際の現場では古いバージョンを使用している会社が多数なのです。

図面っていうのは各社・各部署で共有して使う事が多いと思います。

なので、最新のモノが優秀とは限りませんので注意が必要。

Autodeskからサブスク化のアナウンスがメールが来た時に、「サブスクは嫌だ!!」と思った私は2015年の秋に「LT2016」を慌てて買いました💧

その金額、約16万円!!

今のサブスクの感覚だと2~3年使用すれば元は取れる感じ(笑)

1.5年使えば互換CADを使ったがお得⁉って感じです♬

Autodesk社から2021年5月7日をもってAutoCAD・AutoCAD LTの製品構成の発表がありました。

おわりに

今回は互換CADの超簡単な説明しかしませんでした(笑)

次の記事では実際に「IJ CAD」のインストール作業と画面の説明を行いたいと思います。

<追記>

インストール作業の記事はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました